ロゴ

株式会社オーツー採用ページ

pc版メインビジュアル sp版メインビジュアル

ゲーム会社の中途採用募集

キャッチフレーズ

ここなら絶対に面白いゲームが作れる!

そう思ってオーツーに入社を決めました。

Scrollアイコン

About us

オーツーとは

ゲームクリエイターにとって

最適な環境がオーツーにはある

株式会社オーツーは1991年の設立以来、コンシューマゲームやモバイルゲームの企画・開発および運営をはじめ、シナリオ制作に特化した部門の設立、Web制作の企画・開発・運営など幅広い事業に取り組んでいます。
オーツーだからこそできるワンランク上のモノづくり・サービスを意識し、自分達だけでなく、多くの皆さんにもオーツークオリティを楽しんでもらい喜んでもらいたいと常に考え実行します。
多くの方々に楽しんでもらえるゲームを、妥協せず共に創りあげてゆく仲間を求めています!

About us

数字で見るオーツー

※2022年2月4日時点

従業員数

143名 従業員数アイコン
男性:女性 男女比率アイコン 男女比率アイコン

男女比率

職種別人数グラフ

平均年齢

33.1歳 平均年齢アイコン

平均有給取得日数

8日 平均有給取得日数アイコン

平均勤続年数

6年 平均勤続年数アイコン

Business details

事業内容

コンシューマーゲーム制作

株式会社オーツーは長年、家庭用ゲームソフトウェア制作に携わってきました。 企画段階からデザイン、プログラムと全ての工程において、 その経験や技術を活かし、夢を現実にする力がオーツーにはあります。

モバイルゲーム制作

iPhone/iPad、Androidなど、ブラウザベースからネイティブアプリまで ゲームに関わる企画のご提案から受託開発まで承っております。企画、開発、アプリのリリースから、運営に至るまで、 ワンストップでご協力させていただきます。

Interview

インタビュー

I.M.

ゲームプランナー

I.M.

2014年

中途入社

「自分だからこそ」

Only Oneの存在に

K.I.

2Dデザイナー

K.I.

1993年

新卒入社

一人ひとりが

より働きやすい環境を

E.I.

3Dデザイナー

E.I.

2018年

中途入社

オーツーは

正直者ばかりだからいい

T.Y.

プログラマー

T.Y.

2014年

中途入社

ワークスタイルを

尊重してくれる

Y.T.

サーバーサイドエンジニア

Y.T.

2019年

中途入社

挑戦と自由

オーツーなら実現できる

Y.T.

シナリオライター

Y.T.

2018年

新卒入社

いろんな人がいるから

いろんな表現ができる

I.M.

「自分だからこそ」

Only Oneの存在に

ゲームプランナー

2014年 中途入社

I.M.

現在の仕事内容

そもそものゲームの企画書作成からはじまり、実際にゲーム制作に取り掛かる際の仕様書作成、納品までのスケジュール管理、クライアント様とのやりとり、シナリオのチェックやゲームのデバッグ、完成後のテストプレイなどを行います。いわゆるプロジェクトのマネジメントを行うことがミッションになります。
まずクライアント様から「こんなゲームを作りたい」という要望をいただき、デザイナーやプログラマー、シナリオライターと連携して企画書を作ることが最初の仕事になります。企画書ができればクライアントに提案し、大枠の合意が取れれば仕様書作成に移ります。仕様書はかなり精緻に作ることが求められるので神経を使いますね。その後は、各部門の進捗確認を行いながら適宜クライアント様と連携し、ゲームのローンチまでしっかり責任を持って進行していく形になります。

仕事の面白さ

なんと言っても、自分が作った企画や仕様がカタチになって動いているのを見ると嬉しいですよね。自分が一番最初に担当した企画はとても覚えていて、あるゲームの装備の名前を考えるという仕事だったんですが、自分が考えたものをデザイナーが形にし、世に送り出してくれたときは興奮しましたね!

I.M.

大変なところ

自分たちが作りたいゲームを作るというわけではなく、クライアント様ありきでゲーム制作を行うため、やはりコミュニケーションをどうとるかは難しいところではありますね。自分たちがおもしろいと思ったものでも、先方が満足してくれなかったら意味がないですし。 一方で、クライアント様が満足するものでありながら、自分たちもおもしろいゲームを作っていくのはとてもやりがいを感じますね。

オーツーに入社した理由

前職は工場で勤務をしていたんですが、もともと小さい頃からゲームを作りたかったんです。たまたま友人がオーツーに勤めていて、紹介してもらったのがオーツーとの出会いですね。オーツーは受託会社なので、いろんなゲームが作れることに魅力を感じた一方で、ゲーム業界は経験者が多い印象だったので、未経験でもできるのか?という心配はありました。

オーツーに決めた理由は、面接時のみなさんの対応がとてもよかったことに尽きますね。ゲームプランナーの採用活動は大体企画書の提出を求められるんですが、提出した企画書に対してのアドバイスが、オーツーは丁寧で親切だったんです。実際に働いても同様にフォローしてもらえそうだなという感覚がありました。

オーツーの好きなところ

フリードリンクがあるところです(笑)。というのも、もともと入社したときはなかったんです。でも、会社にお願いしたら取り入れてくれて。つまり、社員の意見を聞いて受けいれてくれるところが好きということです!あとは、自分たちでクラブを作れて、支援してくれるところも社員思いでいいなと感じています。

空気感がゆるいところも好きですね。ギスギスしていないし、心理的安全性は担保されていると感じます。こういう話を他社の知り合いのプランナーとかと話すと、羨ましがられることは多いですね(笑)。管理職の人たちがしっかりしてくれているんだなと感じますし、コンプライアンスにもきちんと気を遣える会社だなと思います。

I.M.

これからの自分

「ゲームプランナーは、特別な技術がなくてもできる仕事だ」という言葉を先輩に言われたことがありました。実際、紙とペンさえあればできる仕事なんですよね。なので、替えがききやすいのも事実。
だからこそ、自分にしかできないことを見つけていきたいと思っていて、まずは、マネジメントスキルを高めていきたいと思っています。これまでは自分の作業ばかりでしたが、今後はチーム全体が目的をしっかり明確にして、個々の力を発揮できる環境を作っていきたいと思っています。今部下が2名いるので、まずは足元からしっかり取り組んでいきたいですね。幸い、話しやすいとか相談しやすいと部下からも言ってもらえているので、この調子でマネジメントのできるゲームプランナーになっていきたいと思っています。

応募する

トップへ戻る

K.I.

一人ひとりが

より働きやすい環境を

2Dデザイナー

1993年 新卒入社

K.I.

現在の仕事内容

私の場合は社内における2Dデザインチーム全体の統括もしていますが、メインはゲームアプリのインターフェースデザインをしています。具体的には、キャラクターのイラストを作ったり、ゲーム内における画面遷移やさまざまなエフェクトなどをつくっていきます。

IllustratorとPhotoshopを使ってデザインすることが多いですが、中にはクライアント様のオリジナルツールを使うこともあります。UnityやUnreal Engineなどのツールを使うことも多いですね。
キャラクターのデザインそのものを作ることもありますが、クライアント様がすでにもっていることが多いので、背景やアイテムなどのデザインがメインになってきます。

仕事の面白さ

そもそもデザインに答えはないので、クライアント様のニュアンスを汲み取りながらユーザーの気持ちになって考えて試行錯誤すること自体がおもしろさでもあると思っていますし、自分たちの感覚がフィットしたときはとてもやりがいを感じますね。
ユーザーの声や反応がしっかり出るのもデザインの醍醐味だと思っています。

K.I.

大変なところ

クライアント様によって感覚や感性、求めるものが異なるので、自分が納得しているものが必ずしも正解にならないところは大変なところですね。
クライアント様や実際にプレイするユーザーの好みや思考にあわせて一つひとつ作る点はおもしろさでもありますが、やはり大変だと感じます。

オーツーに入社した理由

昔からゲームを仕事にしたいと思っていたんです。私がオーツーに入社した頃はスーパーファミコン世代で、PlayStationすらまだなかった時代でしたが、ドット絵のゲームを作りたいと思って新卒で入社しました。もう29年も在籍しているので、やはり愛着はとてもありますね。会社の業績がよくないときも、みんなで一緒に乗り越えてきたので余計に愛着は湧きます。

特に、PlayStationが出た頃の変化が一番大きかったように思います。その頃は、オーツーはまだ3Dのデザインや開発に対応できる規模ではなく、2Dの制作のみ対応していました。その後なんとか規模を拡大し、はじめて3D案件に着手してやり遂げたときはとても嬉しかったですね。今はもう3Dが当たり前で、むしろドット絵のゲームはもうないので、だからこそまたドット絵のゲームを今こそ作ってみたいと思ったりしますね。

オーツーの好きなところ

愛着しかないのでもうなんでも好きなんですが(笑)、特筆するなら、社員間で話がしやすいところは好きです。
他社だとデザイナーとプログラマーの間で線引きがあってちょっとイザコザがあったりするなんてことも聞きますが、オーツーはみんなで話し合いをきちんとした上でものづくりができているので、あまりこういったことがないんです。
一つのものを作っていく、というベクトルがしっかり揃っていて、お互いに譲り合いながら、ときには主張しながら進められる点があってこそだと感じていますね。そういう組織文化はオーツーの強みでもあると思っています。

K.I.

これからの自分

立場が立場なので、他社員やこれから入ってくる人にとって、もっと働きやすい環境を作っていきたいですね。
私自身がゲームを作りたい、というよりは、ゲームを作りたいと思っている社員が、のびのびと仕事ができるような環境を作っていきたいです。具体的には、制度や福利厚生もそうですが、一人一人の価値、世の中からみたときの市場価値を高めていけるようにバックアップしていきたいですね。単に作業ができるだけでなく、渉外業務まできちんとできるとか、、スケジュール管理がきちんとできるとか、そんな優れた社員を育てていけるようにしていきたいと思っています。

応募する

トップへ戻る

E.I.

オーツーは

正直者ばかりだからいい

3Dデザイナー

2018年 中途入社

E.I.

現在の仕事内容

今は3Dデザイナーとして背景制作を担当しています。基本的にはMAYAというツールを使って制作していますが、テクスチャを作る場合はPhotoshopを使います。Substance PainterやUnreal Engineなども使いますね。

資料を集めて、テクスチャを作りながらMAYAで3Dモデルを作っていくのが基本的な流れになります。自分の担当する背景モデルを作るのにかかる時間は、大体1ヶ月〜2ヶ月くらいですかね。その後は実機での確認などを行って修正をしていきます。オーツーでは背景やキャラクターなどでデザイングループを分けて仕事をしています。

仕事の面白さ

自分の手で作りあげるというのはやはり何よりのおもしろさだと思います。実際にゲームとして表示される喜びは常に新鮮ですし、やりがいを感じる瞬間でもあります。クライアント様やユーザーの評価も肌で感じやすい仕事だと思うので、喜んでもらうためにはどんなデザインにすればいいかを考えながら作っていくのは飽きないですね。

E.I.

大変なところ

3Dデザイナーとしてもう3年くらいになりますが、モデルを作るにあたってうまく形に落とし込めないときはまだまだ未熟だなと感じますね。そういう壁にあたったときに毎回大変だなと感じますが、成長ポイントであることも確かなので、前向きに受け止めて頑張っています。

オーツーに入社した理由

元々は機械設計のCADオペレーターを9年ほどしていましたが、以前からゲームが好きだったので、いつかゲーム業界にいきたいなと思っていたんです。
特に、広いフィールドを歩けるRPGが好きで、こういうフィールドを自分でも作れるようになりたいなと思い、9年勤めた会社を辞めて1年間3DCGの勉強をして、オーツーに入社をしました。3Dデザイナーを目指した理由は、ゲームの中でも背景とかを見たりするのが好きで、自分に一番馴染みがあったからですね。

東京や大阪のゲーム会社をいくつか受けましたが、業務内容や組織の雰囲気がオーツーが一番あっていると感じたのが、オーツーに決めた大きな理由でしたね。面接時に「オーツーに入ってよかったと思うことなんですか?」と聞いた時に、社員の方が「福利厚生かな?」とおっしゃったことがあって。そのときに「正直なご回答だな」と思ったんです(笑)。風通しのよさそうな会社だなと感じて、安心しましたね。

オーツーの好きなところ

なにより人がいいですね。優しい人が多い印象で、ドロドロした感じとかも全然ないので良い意味で気楽でいられる職場だなと思っています。また、向上心が高い人も多いので毎日刺激的です。風通しの良さも好きですし、教え合える関係、助け合える関係なのも良いなと感じています。一言でいうと、社員間の関係がとてもいいということですかね。

あとは、会社にいろいろと要望を出すこともあるんですが、きちんと話を聞いてもらえるところも好きですね。社員と向き合おうとしているのがすごく伝わるというか。一人ひとりが良いというだけでなく、会社としても性格がいいなと感じています。

E.I.

これからの自分

基本的なモデリング、デザインの技術を高めるだけでなく、得た技術を誰かに教えられるレベルにまではなりたいですね。そのために今は個人制作もしています。クライアント様の要望にはないこととかも自分だったらどうするかを考えて作ってみたり、素材集めをするために現地に行って写真を撮ったりしていますね。

実は私、朝5時半に起きて個人制作しているんですよ(笑)。もっと朝早くからやっている人もいるので、本当に向上心の高い人が多い職場だなと思いますね!

応募する

トップへ戻る

T.Y.

ワークスタイルを

尊重してくれる

プログラマー

2014年 中途入社

T.Y.

現在の仕事内容

プログラマーとして、今はゲームのアップデートに関わる実装を担当しています。新しいキャラクターを追加したり、UIが変わったり、様々なコンテンツが追加/修正されるんですが、これらの対応を任せてもらっています。

アップデート内容は毎回異なるので、実装方法も毎回異なります。OSのバージョンもあがっていくので、システムを変えていくこともやっていますね。C++やJava、object-Cなどをつかって業務を行なうことがほとんどです。

仕事の面白さ

実際に実装をはじめる前に頭の中で設計してシミュレーションをするんですが、理想と現実がばちっとはまったときはおもしろいと感じますね。自分の思い通りに動けたときほど気持ちがいいときはないですね。

T.Y.

大変なところ

一方で、全然想像と違う場合は大変です。
1から考え直さないといけないですのでとにかく大変ですが、どれだけ効率よく作業するかを考えて巻き返すしかないのでなんとか頑張ってやっています。

オーツーに入社した理由

元々飲食店に勤めていましたが、手に職をつけたいと思ったので飲食店を辞めて、プログラマー/エンジニアの専門学校に行きました。プログラマーやエンジニアを目指そうと思った理由は、いろんな職業を探す中で自分はゲームを作りたいと思ったからです。だったらプログラマーを目指すしかない、という感じでしたね。でも、社会人を一度辞めて専門学校に行くと決めるのはやはり勇気のいることで。ただ、何かにチャレンジできるのもこれが最後かもしれないと思って、思い切ってチャレンジしてみました。全く何もわからないところからのチャレンジだったので大変なことばかりでしたが、その分いろいろな学びがありましたし、今こうしてオーツーで働けているのでチャレンジして本当によかったなと思っています。

オーツーに決めた理由は、自分が当時プレイしていたゲームをオーツーが開発していたからですね。自分が好きなゲームを作っている会社で働けるというのは、私の中ではとても大きな転職理由になりました。あとは家から会社までのアクセスがよかったからというのもありますね(笑)

オーツーの好きなところ

オーツーは、わりとなんでも仕事を任せてもらえる環境があって、やり方までも任せてもらえるところがあるので、そこが好きですね。決してほったらかしというわけでもなく、進め方に詰まるとフォローしてくれますし、仕事がしやすいなと感じています。

本当に毎回仕事を振られる度に、好き勝手やらせてもらえているんです(笑)。それがいい意味でプレッシャーにもなっていて、ほどよい緊張感の中で仕事ができているので、楽しく健康的に成長できていると感じますね。

T.Y.

これからの自分

多様な経験を積むためにいろんなプロジェクトに参加していきたいですね。具体的には、開発環境が異なるところに挑戦していきたいと思っています。今は主にC++を用いた開発が多いので、それ以外の言語やツールを使ったプロジェクトに参加できるといいですね。特に、ライブラリとかを使わないネイティブ開発は一通りやってきたので、UnityやUnreal Engineを使った開発に挑戦できればなと思っています。

その先は、プロジェクトをまるまる任せてもらえる人になりたいと思っています。ただ、まだまだ技術力や経験が足りないと思っているので、今できることをしっかりやっていく中で力をつけていって、3年後くらいには任せてもらえるようになりたいです。

応募する

トップへ戻る

Y.T.

挑戦と自由

オーツーなら実現できる

サーバーサイド
エンジニア

2019年 中途入社

Y.T.

現在の仕事内容

私は、サーバーサイドの保守や運営と開発を行なっています。ゲームやサーバーが止まらないように常に監視をしており、定期的に行われるゲーム内イベントに合わせたプログラムの開発を行ったりしています。
サーバーの負荷があがらないように調整し続けることが大切で、CPUのリソースをできるだけ使わないように工夫しています。

仕事の面白さ

サーバーは進化がはやいと思っていて、新しい技術がどんどん導入されるので、それらを学んで活かせる機会が多いんです。これがサーバーサイドのおもしろさだと感じていますね。
最近では、同じプログラミング言語でも最新バージョンに切り替えて実装することが多く、古いバージョンと比べると記述量も少ないし実装も簡単だったりするので、本当に進歩を感じますよね。

Y.T.

大変なところ

1月1日の0時0分から新しいキャラクターを投下してイベントをします、といったことがあるときは本当に大変です(笑)。
やはりこういうときはトラフィックが増えるので常に不安な気持ちになりますね。
サーバーを止めてしまうことだけ避けないといけないので、休みの日でも心が休まらないです(笑)。

オーツーに入社した理由

前職もゲーム業界で、そこには10年くらい勤務していました。そのときはサーバーサイドだけでなく、Web系のものを作ったりといろいろなことに関わっていました。一方で、コアな部分に関われなかったので少し退屈に感じることがあったり、そもそも重要な情報まではもらえないということもあったりで、より開発の根本の部分に関わりたいと思うようになり、転職を決意しました。

転職の軸として、コンシューマー向けのゲーム開発をしていることと、ノウハウと歴史のあるゲーム会社にいきたいと思っていた中でオーツーと出会いました。オーツーは企業規模が大きすぎないし、しっかり自分たちで開発もしているので、いろいろとちょうどよかったんですよね。あとは、私は緑色が好きでして、オーツーのメインカラーが緑だったからというのも少しありますね(笑)

オーツーの好きなところ

新しいことをどんどんやらせてもらえるのでシンプルに楽しいですし、チャレンジを推奨する社風が好きですね。特に、技術的な部分については挑戦し続けられることが多いなと思っていて。私が所属しているサーバー1部は新設部署ということもあってか、一際自由にやらせてもらえているんじゃないかと思いますね。

あとは、前職との比較で言うと、朝礼での社訓の復唱がないのでありがたいです(笑)。うちの会社はこうだから、といった押し付けとかもなく、社員一人ひとりを尊重してくれている感じがあるので、安心して働くことができていると思います。

Y.T.

これからの自分

これからは現場第一線でバリバリやっていくという感じにはなりにくいと思っているので、なんでも幅広く深く知っているエンジニアになりたいと思っています。私の場合はサーバーエンジニアなので、特にクラウド系についてはより深く知らないといけないと思っていますし、今はAIの最盛期でもあると感じているので、このあたりもじっくり学んでいきたいですね。

また、ゲームプランナーの仕事かもしれませんが、ユーザーにとってのベストは何か?を考えられるようになっていきたいとも思っているので、マーケティングにも精通しているようになりたいですね。

応募する

トップへ戻る

Y.T.

いろんな人がいるから

いろんな表現ができる

シナリオライター

2018年 新卒入社

Y.T.

現在の仕事内容

ゲームの世界観やキャラクター一人ひとりのセリフを1から考えてストーリーにしていくということをやっています。クライアント様から「こんな世界観で、こんなキャラクターを出して欲しい」といった要望をいただくことが多いので、まずは前提となる世界観を理解することが大切ですね。その上でユーザーにわかりやすく伝えるためにはどうすればいいか?といったことをチームで考えて、より具体化していって。

キャラクターのセリフも1文字1文字、作りますね。「このキャラクターはこう言いそう」「こんなことは言わないだろう」といったことをしっかり汲み取りながら進めないといけないですし、実際に出力される文字数とかにも配慮しながら作ることが大事になってきます。

仕事の面白さ

各キャラクターの考え方やゲームの世界観を文字にして表現することはおもしろいですね。キャラクラーになりきって想像して作っていくのはワクワクしますし、それがユーザーに伝わったり共感を得られればとても嬉しいですね。

Y.T.

大変なところ

キャラクターの設定を作る際に資料を見たりチームメンバーとコミュニケーションを取りながら考える機会が多いのですが、いざ作ったものに対してクライアント様から「思っていたものと違う」というご指摘をいただくこともあるので大変ですね。クライアント様の期待に応えるために複数案を作ったり、コミュニケーション量を多くしてエラーがないようにして工夫しています。このあたりはゲームプランナーと協力して進めることが多いですね。

オーツーに入社した理由

私は大学院を出て、そのまま新卒でオーツーに入社しました。企業選びの軸としては、趣味で文章を書くことが昔から好きだったので、出版社や雑誌編集なども含め、物書きの仕事で考えていました。ただ、文章を書くこと以外にもゲームが好きだったので、世界観を作れるようなクリエイターサイドの物書き、つまりゲームのシナリオライターの仕事がいいなと思って、そこからいろいろと調べるようになって、オーツーと出会ったんです。シナリオライターは経験者の採用を優先することが多いんですが、オーツーは未経験でもOKだったのは私にとって大きかったですね。

仕事内容以外の面で気にかけていたこととして、休みがきちんととれて、社員のことをきちんと考えてくれる組織文化であるかどうかは見ていましたね。オーツーは面接のときに親身に話を聞いてくれたので、安心できる環境だなと感じられました。

オーツーの好きなところ

さまざまなバックグラウンドを持っている人がいるところですね。シナリオライター一本でやってきた人ばかりではないからこそ、いろんな世界観を表現できますし、それはオーツーの強みでもあり面白さでもあると思いますね。元小説家の方や、そもそも理系出身の方など、本当にさまざまな人がオーツーのシナリオライターにはいます。

また、多様な人材がいるが故に、年齢もバラバラです。でも、キャリアの長さに左右されずに平等に意見が言えるのも好きなところ。新卒だからダメとか経験者だからOKとか、そういったことがないので居心地がいいと思います。

あとは、基本的なことですが、休みがきっちりとれるところも気に入っています。一般的にシナリオライターをやっている方はハードワークになる傾向があるので、一層安心感を覚えますね。

Y.T.

これからの自分

元々文章とゲームが好きでオーツーに入社しているので、これからもシナリオを通してゲームやキャラクターの世界観を作っていきたいと思っています。
オーツーはオリジナルのゲームも作っているので、シナリオライターとしてさらに精進して自社開発ゲームのシナリオもどんどん作っていきたいですね。
人の人生に寄り添えるのがシナリオライター。30年前の作品でも、覚えている人は覚えているんです。そうやって、いつまでも覚えてもらえるようなセリフがかけるようなシナリオライターになれるといいなと思っています。

応募する

トップへ戻る

Recruit

募集要項

Flow

選考フロー

01

書類選考

02

一次面接

03

二次面接

内定

Company

会社概要

会社名 株式会社オーツー
所在地 ■本社
〒550-0002大阪府大阪市西区江戸堀1-25-13 KS大阪江戸堀ビル1F

■高麗橋スタジオ
〒541-0043大阪府大阪市中央区高麗橋3-3-11 淀屋橋フレックスタワー3F
役員 代表取締役社長 宇野 高弘
資本金 1,000万円
従業員数 140名:男性103名 女性37名(2021年7月現在)
事業内容 コンシューマゲーム企画・開発
モバイルゲーム企画・制作
シナリオ制作
WEBサイト企画・デザイン・制作
取引銀行 三井住友銀行 梅田支店
りそな銀行 御堂筋支店
主要取引先 ■ゲーム事業
株式会社セガ、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
株式会社スクウェア・エニックス、任天堂株式会社、日本マイクロソフト株式会社
株式会社コナミデジタルエンタテインメント、株式会社バンダイナムコスタジオ
株式会社日本一ソフトウェア、株式会社SNKプレイモア
株式会社Tozai Games、グリー株式会社、株式会社ディー・エヌ・エー
エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社、株式会社Cygames
株式会社ファンユニット
(順不同、敬省略)

■WEB事業
LINE株式会社、ホテルモントレグループ、旭屋書店
Weave株式会社、日本アーツ株式会社、エブリ株式会社
株式会社ファイン、株式会社千鶴堂、株式会社ロゼッタ
(順不同、敬省略)
沿革 1991年10月 有限会社オーツー設立
1995年12月 社屋を大阪市福島区玉川に移転 株式会社オーツーに改組
1998年 7月 Web部門設立
2006年 8月 社屋を大阪市西区江戸堀に移転
2008年 3月 「peakvox」レーベルにて自社タイトルの発売開始
2012年 7月 モバイルゲーム部門設立
2015年11月 大阪市中央区高麗橋に高麗橋スタジオ設立
2017年 7月 シナリオ制作部門設立
企業理念 私たちが長年携わり、培っている家庭用ゲームソフトウェア制作。
そして、そのノウハウや専門性を用いたITデザインや、キャラクタービジネスなど、
業種・メディアの壁を飛び越え、多方面へと展開しつつあります。
身軽で的確なチャレンジマインドと、数々の視点から見据えることのできる
グローバルな発想を持って、新しい展開創造に努めています。

Entry

エントリー